FC2ブログ
topimage

2018-10

主治医に恵まれる - 2018.10.31 Wed

_c_choju8_0022_s512_choju8_0022_6.png

見る目の厳しい姉妹が、感心する程。
信頼できるDr

20代、看護師数年目の頃、
初めてお会いした。
年月を経て、
両親がお世話になる。
凛としているのに、近寄りがたさはない。
講師もなさり、
患者、
家族にもわかりやすい説明をしてくださる。
腕も確かで、
テキパキと医療者に指示を出される。

よいお年である。
どうぞ、末永く臨床にいてくださることを願っています。
スポンサーサイト



手帳に書くよりも、仲間と便利なツールのお蔭で続いている - 2018.10.30 Tue

スマホかえる

twitterでの呼びかけ
‘今日の良かったことを3つあげる’に、参加。
10月7日から始め、途切れていない。

寝る前に、良かったことを3行日記で書く。
自分誉めを3つ書く。
やってみたけれど、続かなかった。

仲間がいる(リアクションがある)。
PCやスマホで、簡単に書ける。

疲れたり、体調不良な日。
何をしても上手くいかない日。
どんな日でも、良かったことを探す。
義務はなく、楽しみになっている♪

みみのHP(活動紹介)

経験できない身体能力… - 2018.10.29 Mon

_c_choju6_0023_s512_choju6_0023_10.png

経験できない身体能力に、
ビックリしました。

昨日、
フルマラソンに出場したと言う職員が、
出勤している。
しかも、3人。
普通に働いている。

「疲れましたよ」と、口にするけれど、
疲労が見えない。

止むを得ずはあっても、
好んで走ったり、運動などしない。
苦しいし、疲れるじゃない…

同じ人間なのに、
凄い人たちがいるんだな…

「強いですよね。私だったら、気にしちゃいます」 - 2018.10.28 Sun

_c_choju40_0013_s512_choju40_0013_6.png

仕事上、他のスタッフからもわかる、
理不尽なことが次々と。

平気じゃない。
声や香料の臭いに、
拒否反応を起こす。
好き勝手をさせ、
私に譲歩を求める上司たちに、
「腑抜け」と思うこともあった。

全く孤立なら、早々に去るだろう。
やりがいのある業務を見つけ、
信頼してくれる患者さんやスタッフの存在は大きい。
ひとりの攻撃に、屈することはない。

「対等に接してくれますよね」 - 2018.10.27 Sat

対話

「経験の浅い私にも、
対等に接してくれる。うれしい」
若いスタッフが、言ってくれました。

新卒者、年長者と、
幅広い年齢層と仕事をする。
専門職として会話をするので、
年齢など意識はしない。
この人に、と選んで話すだろう。

杖歩行をする友人と出かけた時、
「障害者と見ないで、接してくれるよね」と、
言われたことを思い出した。
そう言えば、歩行が大変だったね、
気が利かなくてゴメンと思ったくらい。
友人の年齢、職業は様々。
損得、優劣を考えることはない。
そんなの友人じゃない

上司、お客様に対しては、意識をする。
他は、人としてみんな同じ。
上下なんて嫌だよ。


まずは、何をしたいのか? - 2018.10.26 Fri

_c_choju48_0015_s512_choju48_0015_11.png

人生の目標、叶えたいことが、
浮かばないことに気付く。

家が欲しい
車を買い換えたい
休みが欲しい
希望はあるものの、
人生の目標という程、大きなものではない。

人生最大の夢は、看護師になることだった。
叶って以降、
目の前のことで、精一杯。
息切れしている。
看護師になりたての頃、
「早く、寿大学に通える年齢になりたい」と、
思っていた。
実は、今も、
早く年を取って引退したいと、
密かに思っている。
「詰らない人生だね」
そう思われても、仕方がない。

さて、目標を探す作業開始だ\(^o^)

間が開くから、ますます遠のくのよね - 2018.10.25 Thu



着る機会が少ないから、
天候に合わせた調整が、
わからなくなるんだよね。
そして、遠のいていく


最後に着たのは、4月。
以降、着ていない。

普段着、ちょっとした外出に、
「着物を着たい!」と、
リサイクル着物を買い集めた。

あることが片付いたら、習いに行こうと、
着付けに通った。

あおい・着物
2016年11月の写真
母を見送って間もなくだった。
それでも、着て出かけていたんだなぁ。

亡くなった祖母は、
片麻痺になっても、和裁の仕事をし、
最期まで着物で過ごしたと聞く。

「着ていない」って、気付いちゃった。
着る機会を作るよ…

介護の制度がややこしくて、困る - 2018.10.24 Wed

介護うさぎかえる

医療、介護
制度、手続きがややこしい!!!
無知だったら、サービスの存在すら、
わからないじゃないのよ!!!

入院中は、ワーカー
退院後は、地域包括センターやケアマネ

介護保険が使えるか否かで、
自費か、他の方法を考える。
介護保険を利用しても、
介護度によるし、支払いは発生する。

職場にケースワーカーが居たり、
職業上多少の知識はあっても、
ケースによって違う。
父も母も、認知症ではない。
疾患による、介護申請。

ふう、頭が痛いよ

変わり者でも、やっていけるんだよな… - 2018.10.23 Tue

choju25_0023.png

変わり者
「あの人と仕事をしたくない」と言われても、
やっていけるんだなぁ…

事細かに気づいては、他人を動かす。
「言いだしっぺがやりなよ」の声に、
「俺は面倒臭いから、やらない」と言い放つ強者。

仕事ができる訳じゃない。落ちは、多いし…
口は達者も、結果は残念。
指摘はスルーするので、
上を行くか、諦める。

「仕方がないわね」と呆れながら、動く人。
「許せない」と、極力関わらない人。
客観的に見ていると、おもしろい

同じ勤務の日は、かなり疲れます(><)

好きな事10個、あげてみる - 2018.10.22 Mon

_c_choju33_0020_s512_choju33_0020_8.png

10個に絞るのは、ちょっと大変。
好きなことは、もっとあることがわかった。

・臥床する
・歌う
・コーヒーを飲む・
・鍼灸治療
・安心できる人とのおしゃべり
・看護の仕事
・角松敏生さんのCDを聴く
・海を見る
・自転車に乗る
・うさぎの写真、動画を見る


濱口善幸@タロット占い師
@yocchan_uranai
【1月生まれの今週の運勢(22日〜28日)】
節制のカード。
22日から好きな事を10個思い浮かべてみて下さい。
しあわせに感じるセンサーが研ぎすまされ、好きなものに囲まれます。
些細事を幸せに感じる力は人生を豊かにします。

みみのHP

質、必要を考えて頂く - 2018.10.21 Sun

KIMG1406_2.jpg

断捨離、
無駄な買い物をしない、もらわないを実施中!

実家の不用品整理をする中、
亡き母の枕、座椅子が出てきた。

「これ、良いものだよ」と、妹。

持っていない物なので、頂く。
「本当だ!体が楽だよ」

みみのHP(活動紹介)

法要について - 2018.10.20 Sat

_c_chojuother0025_s256_chojuother0025_0.png

今日で、2年。三回忌に当たる。
我が家は、一周忌でお終い。
共通の意見で、決めた。

「お母さんは、いつも一緒にいるから」
 
私は不調が続いていたので、
「無理をしなくてもいいよ」と、
お参りは他の家族で行ってくれた。

法事をしないのは、
ケチだろうか?
思いやりがない?
非常識なのだろうか?
家には色々な考えがあるだろう。
姉妹の嫁ぎ先は、付き合いが大変と言っていた。

母は残された者に負担をかけまいと、
一周忌まで、
残していってくれた。
その思いを大切にしたい。
思いが同じで良かったよ…




パニック障害の記憶 - 2018.10.19 Fri

灰色脳


発病、休職期間の記憶は、
途切れ途切れ。

局所麻酔の手術中、
初めてのパニック発作を経験。
以降、時々起こし、
連日、日に何度も起こすようになった。
出勤時、仕事中に起こすようになり、
休職。
家の中にいても、突然発作が起こる。
安全な場所は、なかった。
不眠、神経過敏

「いつまで続くのだろう」
自分の体なのに、わからない

処方薬を飲むと、フワフワして、
自分じゃなくなる感じが嫌だった。
「処方しない訳には行かないから、
 出すけれど、飲まなくてもいいよ」と言われ、
内服は数回で止めた。

経済的に困って、就職活動をした。
働き出すも、落ち着いた発作がぶり返す。
「いつになったら、治るのだろう」

急に治まった訳ではなく、
発作の回数が減り、
間隔が長くなっていったみたい。

パニック障害とは

みみのHP(活動紹介)

ちょっとお話いいですか - 2018.10.18 Thu

対話

「会いたい」「話したいから来ました」

集団療法の時間、
「お話しできますか」と、
個別でお話を希望される方がある。

病気のこと
福祉サービス
家族関係
交友関係
内容は、様々。

聴いてくれる存在
「それでいいんだよ」と、認めてくれる。

私は、○○と思うと伝えるけれど、
それ以上は言わない。言えないし

「思いを聞いてみたい」 - 2018.10.16 Tue

_c_choju42_0001_s512_choju42_0001_9.png

面談で、上司からそう言われ、
正直、びっくりした。
勤め人
組織、上司の指示に従うもの
それが当たり前できたから。

異動から、半年。
当初、現在の思いを、
素直に話すことができた。
私の経験、今取り組んでることに、
関心を持ってくださっていることも、
ありがたかった。

もう少しがんばれそう…

それって、義務なの? - 2018.10.15 Mon

自由の女神

老親と同居は、義務なの?

「子供の手が離れたから、
独り身だから、
同居できるでしょう。」
病院関係者からの言葉に、
違和感を感じました。

感じない人もあるかもしれない。
価値観は、様々ですから。

離れて暮らし、見捨てていると思われるのは心外です。
連絡を入れたり、
通院や役所の付添、
関係機関等への連絡。
見えないだろうけれど、
色々動いているんです。

同居し、年金をあてにし、
無視している家族を、
仕事上目にしてきました。

家族には、それぞれ関係性、
事情があるものです。
それを考えず、安易に‘同居’を
他者がプッシュしてはいけないと、
私は考えます。


カードを使ってみたくなった - 2018.10.14 Sun



私の為に、カードを買いました。

カードリーディングをしてもらい、
「何でわかるの?」
ということが続いた。
そして、わかってくれる存在があると、
嬉しかった。

「自分の為に、欲しい」
専門店サイトで検索する中、
一番最初に惹かれたものを
最終的に選んだ。

「イラストが、かわいらしい」
厳しいメッセージはなく、
「自分を理解し、愛しましょう」ですって♪

オラクルカードリーディングとは

ひとりになりたいのは、人に囲まれているから - 2018.10.13 Sat

膝を抱えるうさぎ青

ひとりになりたい時は、
人間関係が背景にある。
ずっとひとりだったら、
そう思うことはないよね。

「自作の小屋で、
低コストな生活を実践する高村友也さん」
の記事に目が止まった。
こういう暮らしに、
憧れがあるのだろう。
その後、
小屋暮らしで“体が悲鳴” 完全な孤独に潜む危険を読み、
こちらも頷けた。

ひとりになる時間は、必要。
孤独は、危険。
〇婚前後から、
仕事が安定するまでの数年は、
私、心身ともにボロボロ。
状況を知る限られた存在
親、友人たちに支えられたことを思い出す。

必要とされることが、私の力となる - 2018.10.12 Fri

看護師イラスト2906

必要としてくれる人がいるから、
両方を選びました。

「帰りたい」と、
初めは泣いてばかりいた。
「目の前の人たちに必要なことは何だろう?」
ここで出来ることを模索し、
取り組みを始めた。

前の所は、
新たな体制を作り始める。
「あの頃とは違う」と、違和感。
居場所はもうないと落ち込む中、
「お帰り」
「これからは、ずっといてくれるよね」と、
声をかけて頂く。

毎日いた者がいなくなり、
「何でいなくなった」
「あなたがいないと、困るじゃん」と、
異動先の声。

仕事ができる訳じゃない。
今までのNsには、いないタイプ。
変った経歴は、
患者さん達に育てられたものだから。
身近に感じられるのよね





共通するメッセージ - 2018.10.11 Thu

ぼーっとするうさぎ

カードリーディングなど、
私を知らない方々からのメッセージなのに、
休息、休養
心身を労わりましょう
共通していて、驚いている。

私個人の力の及ばないことが、
春から続いている。
気が休まらないので、
体の疲労も蓄積しているのだろう。
逃げたくなる。
でも、追いかけてくるよ…

リーディングって、
凄いな…。

思いつく労わりは、
ひとり静かな時間を持つこと。
誰の為じゃない。
自分の為に時間を使うことかな。

あの頃を思い出す - 2018.10.10 Wed

_c_choju48_0024_s256_choju48_0024_3.png

新静岡セノバがオープンした時、
帰りの電車賃しか持っていなかった。
(家にもない(><))

今年で、7周年

〇周年の告知を目にするたび、
ふと思い出す。

慎ましい暮らしも、
あの頃を思えば、
恵まれていることを知らされるようだ。

要注意 - 2018.10.09 Tue

_c_chojudaE0007_s512_chojudaE0007_4.png

ここにいない人
他所のこと
正式発表のないこと
これらを話題にする人は、
要注意。

本当のことは、わからない。
個人的感情が加わり、
大げさになることもある。

こういう人は、
あっちでもこっちでも、
言いふらすだろう。
何気なく話しかけ、
聞き出そうとする。
気を抜いていると、
うっかり口を開きそうになる。
危ない危ない(^_^;)
そこにいない時、
ネタにされるのがオチ。

女の職場 あるある
居たくないけれど、
逃げる場所がないので、
同意しない。
余計なことを言わないことだ。

私が取り組みたいのは、直接役立つこと - 2018.10.08 Mon

KIMG1382_2.jpg

話す、食べる
生きる上で、ほぼ誰もが行う動作。

毎日行う、‘お口の体操’を
おさらいしました。

患者さん達は、
毎日、決められた時間に、
何となく参加。
ただやっている
一つ一つの動きを、
丁寧に取り組んでいるようには見えません。
これでは、効果は望めないでしょう。

誤嚥、窒息、命に関わります
…と言っても、他人事。

みんなの意見を聞いてみたり、
動きをおさらいしてみたら、
「大きな声がでるようになったね」と、
変化を実感。

KIMG1387_2.jpg

改善より、付き合う方へ - 2018.10.07 Sun



これくらいのことで
「繊細」
そう言われるのが、嫌だった。
そんな自分が嫌いで、
変えようと努力をしてきた。

「生きにくいんだもん」


HSPのセルフチェック

‘何ともない’人が羨ましい。

学校という、みんな一緒の期間が終わり、
随分楽になった。
仕事は、キツイ。
経験を重ね、
「いやぁ、それは無理です」を言える状況にもなりつつある。
行動範囲、交友関係が狭かろうが、
プライベートは、守りで生きたらいい。
これも、年を経てきたこと、
時代のお蔭でもある。

そして、「わたしもね」と、同士と出会うのだ…

最期は、自分で選びたい - 2018.10.06 Sat



最期を待つ間、
痛みや苦しみ、辛い治療やケアを受けるのは、
嫌だから。

親は、難病で亡くなった。
病状説明に、失望。
呼吸苦、倦怠感、
生きていることが苦しみだった。
(モルヒネを使用も、呼吸苦は楽にはならない)
前日まで意識はクリアで、
意思の疎通ができた。
「何もしてあげられない」
「早く楽にしてあげたい」
みていて、本当に辛かった。

そして、何度も‘安楽死’が頭をよぎった。

スイスでの安楽死、薬剤投与から死に至るまで20秒
日本では、認められてはいない。
治る見込みのない、
最期を待つまでの苦痛。
不治と言われた病が、治る時代になっている。
しかし、原因不明、
治療法のない病で、対処療法。
対処が効くとは、限らない。
ただ苦しみながら、
最期を迎える人たちがあることも、
わかって欲しい。

日本でも、叶う日を私は願う。

いつの間にか、気にならなくなったこと - 2018.10.05 Fri

かがみかえるうさぎ

もっと、
背が高かったら
鼻が高かったら
足が細かったら
髪がストレートだったら…
容姿のことを。

「鼻ぺちゃ」
「ちび」
よく言われたな。
ショックだったよ。
鼻の整形をしたいと、思ったこともある。
今は、「だから何ですか?」と思える。
どうしようもないじゃない。
呼吸ができる
低いと、ケガをし難いんだよ。

自分に言い聞かせたり、
諦めたのとは違う。
生活に困らないし、
機能してくれているのよ。
シミもしわも、
増えた白髪も、愛しく思うこの頃です。

仕事以外の世界は、広い - 2018.10.04 Thu

働く人たち

専門馬鹿、世間知らずには、
なりたくないのかもしれない。

看護学校の友人以外、
同業者との付き合いは少ない。

学びに行く内容も、
看護の仕事とは、関係のないもの。
そこで出会う人たちは、
年齢、
職業や立場も、様々。
「へぇ」と感心する、
知らない世界を知ることができる。

かさこ塾も、
普段の生活では出会えない人たちが、
参加をしていた。

専門を究められていないのかもしれない。
けれど、看護師の前に、
私らしく生きたいと思う。

ぐったり。横になるのが大好きでも、きれいになれる - 2018.10.03 Wed

KIMG1375_2.jpg

寝ながらできる、ボディケア。
セルフケアを学んできました。

amical®認定トレーナー
真澄先生
手を添えて、
体の動かし方を教えてくれます。
がんばらなくていい。
無理な動きをしなくてもいい。
それなのに、
体がゆるんで、楽になっていく。
気持ちもゆるんで、眠気が…。
ビフォー・アフターの写真に、
違いは、はっきり。
感動

運動やがんばるのはムリ!なあなたに、
お勧めします\(^o^)
真澄さんと

やっちゃった… - 2018.10.02 Tue

怒る豚

怒っちゃうのよ。
そして、反省するの。
トボトボ歩きながら、
アンガ―マネージメントが浮かんだ。
関係性は勿論、
自分の為に必要だよな。

怒ると、お互いに嫌な気分よね。
他人にはブレーキが効いたり、
もう少し柔らかい表現と、工夫できる。
身内には、つい。
ある単語に、反応するの。
「簡単に言うなよ!!!」
(何十年繰り返すんだよ)
これが、
根底にあるんだ。
相手は全く悪気はなくって、
「何が悪い」って感じ。
(悪いさ。誰が尻拭いをしているんだよ!!!)
わかり合えないの。

気づいたものが、何とかしないとな…



物が多いと、そうじはやりにくい - 2018.10.01 Mon

そうじかえる

掃除機をかける前に、
物の移動が必要。
面倒になる。

イカンイカン…

子沢山の方より、
「うち物がないんですよ」と聞いて、
衝撃だった。
独りでも、溢れておる。私

やれないことはないんだ!
私の処分大会は、続く…トホホ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

お問い合わせ【メール】




プロフィール

みみ

Author:みみ
看護師
(内、精神科看護14年)
音楽療法16年
講師5年

9歳より、合唱を始める
パートは、ソプラノ
高校卒業と同時に、合唱は終了。
20代後半、歌のレッスンを再開。
音楽集団にて、コンサートに参加。
現在、
【音セラピー】で活動中。

子供の頃より、手芸好き
休職中、布小物の製作、
委託販売開始
現在、もっこふんどしを
製作、販売中

幼少期より、
親族の病気療養を経験
自身も虚弱、慢性疾患の治療を継続。
諦めることの多い中、
出会い、ナースの経験が重なり
仕事、実生活に役立っている

1969年 水瓶座 
静岡県静岡市清水区生まれ
好き:
角松敏生、フュージョン
Miffy、うさぎ
寺社、仏像
チーズケーキ、スープカレー
沖縄、ひとり旅

最新記事

カテゴリ

未分類 (21)
ふんどし (33)
手作り (79)
アート (40)
日常 (64)
看護師の仕事 (126)
外仕事 (37)
音セラピー (25)
思うこと (234)
本 (3)
健康 (24)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

QRコード

QR

検索フォーム