FC2ブログ
topimage

2018-09

生活のテストみたい - 2018.09.30 Sun

注射器看護師

採血や健康診断の結果は、
食べたもの、
働き方や過ごし方の表れ。

安心をしたり、
どんなことがいけなかったのか、
参考資料だと思っている。
スポンサーサイト



紹介が流れた話 - 2018.09.29 Sat

流れ

努力のしようがないことは、
仕方がない。

年明け頃、、
‘やりたいこと’に近い、
仕事の紹介があった
喜びもつかの間。
以降の連絡なし。
来たのは、応募締め切りの前日。
すでに、気持ちは冷めていた。

紹介者は、
経営者ではない。
組織であり、複数の人が関わっている。
2度目の紹介で、期待したものの、
やむを得ない。

話さなければ、いつまでたっても… - 2018.09.28 Fri

もじもじ 優柔不断かえる

今日は、「話せたことで、
解決しました」と、報告を頂いた。
よかったね!

「上の人(師長)に話してみましょう」と伝えると、
どうせわかってくれないじゃんと、
患者さん。

ここに挙げる‘わかってくれない’は、
希望が通らないということ。

・困っていること、事実を伝えること
・その後の判断
この二つは、別であることを説明。

精神科の看護師は、
話をただt聴くのではない。
考えを整理したり、
どう行動をしたらいいか、
お手伝いをする。
聴き過ぎて、混乱をさせてもいけない。
状況によっては、早々に中断することもある。
患者さんの特性、今の状態を看ながら、
根拠を持って対応をする。

仕事、他人のことは、
客観視できたりする。

まずは、行動をしてみよう。
相手のあることは、反応をみてから考えよう。

毎日が練習の機会だね



過去の自分に、ごめんねを言いたいたくなる - 2018.09.27 Thu

_c_chojuother0012_s256_chojuother0012_3.png

私は、ここ最近まで、
過剰適応だった。

「相手に、合わせなければいけない」
「自分の希望を言ってはいけない」


初めて指摘されたのは、
離別で弱った時に受けたカウンセリング。
悪条件に飛び込んだこと
無理難題に応えようとしたこと
離別前後、自力で処理をしてきたこと

「もっと他人に頼っていい」
「もっと自分を大切にしていい」
と…
自覚がないので、キョトンとしていた。

それから、色んな人と出会う中で、
少しずつ、気づき始める。
言葉で教えてくれる人もいた。
自由に、のびのび生きている人たち。
誰にも迷惑をかけてはいない。

認めたくはなかったけれど、
機能不全家庭だった。
家に安心できる場所は、なかった。
学校でも、しみったれ。
自尊心を、
どうやって獲得できるだろう…

50歳目前。
もう、あの頃の‘不安な’環境はない。
気づけてよかったね。
これからは、
「自分はどうしたいの?」
聞いてあげる練習。
奔放な私を認めていくのだ♪

思い出すと、どれだけ自分を蔑ろにしてきたか。
ごめんね
これからも、よろしくね





「表現することが好き」を思い出す - 2018.09.26 Wed

かえる 表現

演劇家さんの「表現ワークショップ」に、
申し込んだ。
歌う
演じる…
楽しみだ♪

朗らかで、歌ったり踊ったりすることが好きだった。
子供の頃
次第に恥ずかしさを知る。

合唱団で、歌う。
オペレッタを演じる。
緊張するけれど、
その向こうに解放感がある。
勤務をしながら、10数年。
コンサートに出演する為に、
時間を注いだ。

ライフワークの「音楽療法」は、
異動で中断。

「私は、何をしたいのだろう」
何もしていない今、
思い出した。

刺激を減らしている - 2018.09.25 Tue

膝を抱えるうさぎ

集まりに、行きたいと思えない
SNSの友人を整理する
誘いを断る

心や体が疲れているので、
「刺激を減らしているんだな」。

付き合いが悪い…
と言われることもあるけれど、
楽しめない。
エネルギーがないんだな

さすが、慣れている! - 2018.09.24 Mon

うさぎ講師

手伝ってくれた病棟看護師の感想。
「うれしいものです」

病棟で、
初めて集団プログラムを担当。
歯磨きや入浴、
着替えがどうして必要なのか?
資料を読んでもらったり、
自由に発言してもらったり、
参加型
私は、進行と調整役。

テーマ、資料くらいの準備で、
参加者の様子を見ながら、
進行をしていきます。
講義ではなく、
「療法」「トレーニング」を
目的としているから。

病棟スタッフに、
元部署でやっていた業務を説明しても、
見たことのないもの。
伝わらないのです。
「こういうことをしているのね」
知ってもらえて、よかった。

みみのHP(活動紹介)

聴こえの相性 - 2018.09.23 Sun

_c_choju41_0015_s256_choju41_0015_5.png
声や話し方も、相性があると言います。
理屈ではない、
五感の反応。

あまりよく知らない人でも、
声質や話し方で、
「素敵だな」「もっと仲良くなりたい」と、
感じることはありませんか。

反対に、違和感を感じ、
「やっぱり、合わなかった」ということも、
あるような気がします。
姿は見えず、
声だけでゾワゾワすることが、
私はあります。

好きな歌手の
話し声や話し方も、
惹かれませんか?

ヒット曲でも、
歌唱力のある歌手でも、
何とも思わないって、ありますよね。

体に備わった感覚。
正誤ではなく、相性を知る一つと、
大切にしたいものです。

経験がないから、そんなこと言えるんだよね - 2018.09.22 Sat

介護うさぎかえる

ケースワーカーの言葉に、
姉妹がポツリと言いました。

母亡き後、
父は一人で暮らしています。
「娘さんたち、楽ができたでしょう」と、
言われたそうです。

え?
私たちは、電話や定期的な訪問をしています。
急な用事や体調不良時には、
駆けつけています。
「食べているか」
「熱中症になってはいないか」
一緒にいられないから、
心配になることもあるのです。
(同居をしないのは、理由があります)

「どこが楽だ!!」
気にしなければいいのでしょう。
でもね、
看病、介護をする家族って、
精一杯で、ゆとりがないんですよ。
一言がとても大きく響くのです。

みみのHP(活動紹介)

感受性の豊かさは、 - 2018.09.21 Fri

傘をさし出すかえる

他者を気遣うことができる。
気づき過ぎて、
心身のバランスを崩すこともある。

講師で出会う方々は、
通院加療中。
会話をしていると、
感受性が豊か。
他者を気遣う優しさがあり、
こちらが救われることも多い。

気がつき過ぎるため、
人間関係に悩んだり、
仕事量が増えたりすることがある。
そして、いよいよ、
心身が悲鳴をあげる。
休息をしながら、
生き方、あり方を考える。

感受性の豊かな同士。
体験を語り合いながら、
自分にはない何か。
気づきを持ち帰っていく。

仲間との出会いにより、
面倒な‘感受性’を受け入れ、
活かす、自分を守る方法を見つけていけるのだ。

声について - 2018.09.20 Thu

会話する変える

話す声に、お誉めの言葉を頂きました。

今日は、講師の日。
何気ない会話から、
受講生さんより、
不思議
個性的
「何か、活かされたらどうですか」
…と。

驚きと、感動が湧いてきました。
素敵に表現してくださり、
とても嬉しかったです。

‘声’について、
時々、感想を頂くことがあります。
生まれた時から持つ、個性。
努力したものでもないのに、
ありがたいです

みみのHP(活動紹介)

想像よりも、好い値に - 2018.09.19 Wed

_c_choju24_0007_s512_choju24_0007_7.png

本棚を買う前に

査定の結果は、
想像よりも好い値が付いた。
「うれしい」

買い取り店に持ち込んだり、
一冊ごと登録をして販売したり、
今までいくつかの方法を利用。
前者は、ガッカリするほど安かったり、
値のつかないものも。
後者は、自分で値がつけられ、
購入時よりも価値の上がるものも。
反面、登録や売れた後の発送に、
神経を使った。
経験ですなぁ

もう不要になったものが、
金券になった。
ありがたいではないか!

伝わる文章を書きたい! - 2018.09.18 Tue



この本、例文が沢山載っていて、
わかりやすい。
手元に起きたい一冊!

〇護記録
伝言メモ
メール
仕事上、文を書く機会は多い。
「正しく伝わっているだろうか?」
自信はない。

手紙や投稿。
思いを文字にするのは、好き。
書くのが楽しい。スラスラ書ける。
けれど、こちらも、
相手に伝わっているだろうか?

文章の上手な人って、
賢いんだろうな
仕事ができる
と思うよな。
信用に繋がるよな。

読んで、書いて、
コツコツ身につけていこう。

やる前に考えてどうするの? - 2018.09.17 Mon

_c_choju42_0032_s512_choju42_0032_5 (1)



「嫌な思いをしたくないから」
「痛い思いをしたくない」

そうなるとは、限らないのに。

「私、大体ついてないから」
良いことないから…

良くない結果を想定して、 →「やっぱりね。まただよ」
対応を考える。
     ↓
逃げたくなる
後回しにする

上手くいったことはあるはず。
でも、忘れてしまう。
嫌~な思いは、
事実より拡張されて覚えていたりする。

私、面倒くさい(><)

いつも疲れている… - 2018.09.16 Sun

_c_choju23_0002_s256_choju23_0002_11.png

大の字で横になっている時が、
幸せなのです

「昨日のセミナーで、聞きました」
女性の叶えたい夢ランキング
1海外旅行
2国内旅行
3クルージング
4エステ
5スパ、日帰り温泉

あら、私はどれもない…
動ける元気があるから、
そう思うのよね。

私、いつも疲れているんじゃない。
問題だ…

仕事以外の学び - 2018.09.15 Sat

カエル プレゼン

「お金」の本を読んでも、
実感がわかない。
今まで他人事のように思っていた、
マネー・セミナーを申し込んだ。

講師は、FP(ファイナンシャル・プランナー)
日本の政治、経済
世界との比較
何となく知っているようで、
実は知らなかった内容が、
テンポよく話されていく。

日本は、
人口減少やがん患者の数、世界一。
GDP低い。
アメリカや中国は、成長し続けている。
「世間知らず」だ。

お金のことを学ぶ目的も、
取り巻く広い分野の話が聞けた。
仕事以外の学びは必要と、痛感。

自力でどうにもならない時は、 - 2018.09.14 Fri

_c_choju48_0006_s512_choju48_0006_2.jpg

助けを求めるようになってきた

仕事のこと。
半年になるが、改善される様子はなく、
反対に働きにくくなっている。
元上司に相談。状況を説明。
早速、現上司と連絡を取り、
約束の確認と改善を申し入れてくれた。
大きな前進!

私は、
どこまで頑張ればいいのか、わからない
自分が我慢をすればすむ
頼む勇気より、自分でやってしまった方が楽
長年のクセにより、
何度も心身のバランスを崩している。

独りで抱え、つぶれると、
後が大変。
身に染みてわかったから、
苦手でも、助けを求めるのだ。



感情的にならず、淡々と… - 2018.09.13 Thu

たじろぐ

患者さんとの関わりが上手と、
時々言われます。

内心、
自分勝手なことばかり言って
毎日同じことを…
そろそろ終わろうよ
このような感情が沸くことは多いです。
人間ですから

仕事です。
話に来られた時より、
精神状態を悪化させてはいけない。
感情に巻き込まれない
時間を決める
中断する
応援を頼む


心理士のように、
学生時代に技術を学ぶことはありません。
臨床での経験
失敗を重ね、今に至ります。

挑戦してみました - 2018.09.12 Wed

動画の撮影をお願いすること
外(神社)で歌うこと

友人と会う約束を決めた時、
「やってみよう」と決めました。

事任八幡宮
まず、友人に撮影をお願い。
1つ返事で、受けてくれました。
社務所のあるエリアで場所を考える。
参拝者、くつろぐ人が次々と訪れます。
会話の中、
禊場にある龍神社へ移動。
川のせせらぎが聴こえるだけの、静かな場所。
「ここにしましょう」
友人は、木蓮さん
「木蓮の涙」を。
きれいに撮って頂きました♪

こちらの神社は、
「ことのまま願いが叶う」と言われる場所。
大好きな水辺、龍神がおられる。
私の声を誉めてくださった方が一緒。
「歌わせてください」の思いだけです。

緊張したけれど、
しあわせなひと時でした。

木蓮さん、記念になりました。
ありがとうございます

歌うよ - 2018.09.11 Tue

うさぎ

お金を頂かなくても、
好きでやれること。

歌うことかな…

素人だもんで、
お金頂くノドはないんだけれど。
歌うのは、好きだよ。
「音痴!」って言われたのは、
歌の先生くらいかな。

キチンと聴いてくれる人の前だったら、
歌うよ。
冷やかしじゃ、歌わないけどね。

持ち手も、ヒモもない - 2018.09.10 Mon

袋2

この袋は、便利です。
A4のクリアファイルが入ります。

仕事用の着替えやタオル
ストール
本…などを入れ、
バッグに入れてます。

巾着のヒモ
持ち手
引っかかって、邪魔だな
シンプルな形になりました。

旅の支度の小分けに、
便利です。



招待券がきっかけ? - 2018.09.09 Sun

KIMG1327_2.jpg

招待券が当たらなくても、
ファンになっていただろうか?

アルフィーは、
前日の夜から友人と並び、
それでも取れず。
電話予約で、ようやくゲット。

角松さんのは、
ラジオのプレゼント。
‘招待券’。
前日、
アルフィーのコンサートの日に、
チケットが届きました。
音楽は、レンタルレコードで聴いていたけれど、
姿を見るのは初めて。

あまりの男前に、友人とビックリ。
一目惚れ
のびやかな歌声、粋なサウンド。
‘ニューミュージック’と言われた時代
大人の音楽に触れた、きっかけでもあります。
メジャーではない
TVにも出ていなかった角松さん

33年、共に年を重ねられるとは。
なにがきっかけになるか、
わからないものです。


お金のことを考えるようになりました - 2018.09.09 Sun



40代から、
お金の仕組みを意識し始めました。

バイト代や給料で、
見合った生活を送る。
少なければ、節約。
豊かな時には、おしゃれやレジャー、
学びなどに消費。
‘運用’‘貯蓄’など残すことを
考えることはありませんでした。
私、長生きしないと、
思っていたのです。

独り身に戻り、
金なし、家なし、職なしを経験。
就職したものの、
短期で離職。
今までにない底辺どころか、
それ以下を経験。
パートだけで、これからの人生、
どうするのよ。

情けない状態をきっかけに、
興味のなかった世界に惹かれ始めたのです♪



本棚を買う前に、 - 2018.09.08 Sat

段ボールの本

不要になった本をさようならする。
箱の中は、約30冊。

今までありがとう(^_^)/~

新しい本棚を
買う必要はなくなった。

みみのHP(活動紹介)

人付き合いが限られるのは… - 2018.09.06 Thu

対話

合わせたり、気を使う相手と、
無理して付き合いたいと思わないんだろうな。

人と話す仕事をしていますが、
相手の反応にドキドキしながら、
常に緊張をしています。
人の数だけ、個性がある。
宴会は、居心地が悪い。
休憩室の輪も、落ち着きません。
「何を話すことがあるのだろう…」

若い頃は、付き合い上手になろうと、
試みたこともあったけれど、
疲れるだけでした。

長い付き合い、
何となく惹かれる人は、
テンポが似ている。
それでいい。

みみのHP(活動紹介)

思いやり、欲しいよね - 2018.09.05 Wed

愛でしょ


「お体を大事にしてくださいね」
ケアマネさんの言葉に、救われる思いがした。

2年前にお世話になったケアマネさんに、
依頼の連絡を入れる。
快く受けてくださった。
進行性の病の親を在宅で看ることができたのは、
この方のお蔭。

病院のケースワーカーの対応に、
びっくり、がっかり、
不信感を抱いていた。
不親切だな
電話でそんなこと言うんだ…
お世話になる身。
関係を悪くしたくないから、
ハッキリは言いにくいし…。
そういう人なのよ。諦める

専門職として患者さん、家族と向き合う時、
‘当たり前’という態度で接してはいけないと、思っている。
理解度は、さまざま。
専門用語も避け、わかりやすい言葉に置き換える。
労いの言葉をかけることもある。

情をかけていては、キリがない。
不要な人もあるだろう。
けれど、一方的に用件だけ伝えるって、
どうなんでしょう?

みみのHP(活動紹介)

苦手のまま、やっていること - 2018.09.04 Tue

_c_choju32_0032_s256_choju32_0032_11.jpg

訊く
お願いする

できればやりたくないけれど、
仕事、生活上、
避けられないこと。

相手を選ぶ
期待をしない

行動することで、嫌な思いをしたらどうしよう
これですよ。傷つきたくないんだよね

親切、自分の望む対応とは限らない。
相手の都合もある。
思いがけない、嬉しいこともある。

苦手は、変わらないだろうけれど、
やっていくんだな。
避けていては、進まないから…

みみのHP(活動紹介)

看護師以外の仕事 - 2018.09.03 Mon

_c_choju8_0021_s512_choju8_0021_9.png

看護師以外の仕事。
考えたけれど、浮かばない。

子供の頃から、
看護師になることしか、考えていなかった。
現役合格ができなくても、
入学後イヤになりかけても、
看護師になった。
病気休職しても、
看護師として復帰。

アロマセラピー
リフレクソロジー
修了証を取った。
これを究めよう!
生業にする情熱は、なかった。

看護師以外、何がしたいのだろう?
「辞めたい」と時々思うけれど、
看護がイヤな訳じゃないんだよね。
環境や人間関係、
蓄積した疲労から、逃げたくなるのかも…

長い付き合いの本 - 2018.09.02 Sun




1994年発刊
24年前に買った本
時々読み返します。

大沢在昌氏は、ハードボイルド作家。
ドンパチ
残酷なシーンは、私、好きではありません。
この本は、
そういうシーンがありません。
短編集
ちょっと照れ臭さを感じる、
ハートフルな作品たち。
意外性に惹かれ、手に取ったんだよな。

買った書店を覚えている。
文庫本が出た時、
何冊か買って、
後輩や当時付き合っていた人などに、
「読んでみて」と渡したことがある。
こんなこと、初めてで、
後にもしたことはないな。

沢山の本に出合い、
さようならをしてきた。
月日は流れ、時代は変わったけれど、
いつまでも愛せる本は、宝物だね

みみのHP(活動紹介)

年を気にしていない - 2018.09.01 Sat

_c_choju28_0001_s512_choju28_0001_10.png

「もう年だから」
「いい年をして」
自分にも、他人に対しても、
あまり感じないことに気付いた。

好きなファッションしたらいい
やりたいこと、チャレンジしたらいい
個人の自由だよ

私、見た目の老化は自覚している。
でもね、子供の頃、
若い頃よりも、
体調が良くなっているんだ。
経験、知識も増えた。
「あの頃はよかった」も、ない。
これからが楽しみ。

年齢的に、自分の子は持てないけれど…
(高齢で自然妊娠できた、奇跡があるから良いの)
他は、諦めることないよな…

他人に迷惑をかけるのは、
論外。

個人のレベル、
同志と共に、
どんどんやったらいいと思う。
私、幾つになっても、
好きを大切に生きていくよ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

お問い合わせ【メール】




プロフィール

みみ

Author:みみ
看護師
(内、精神科看護14年)
音楽療法16年
講師5年

9歳より、合唱を始める
パートは、ソプラノ
高校卒業と同時に、合唱は終了。
20代後半、歌のレッスンを再開。
音楽集団にて、コンサートに参加。
現在、
【音セラピー】で活動中。

子供の頃より、手芸好き
休職中、布小物の製作、
委託販売開始
現在、もっこふんどしを
製作、販売中

幼少期より、
親族の病気療養を経験
自身も虚弱、慢性疾患の治療を継続。
諦めることの多い中、
出会い、ナースの経験が重なり
仕事、実生活に役立っている

1969年 水瓶座 
静岡県静岡市清水区生まれ
好き:
角松敏生、フュージョン
Miffy、うさぎ
寺社、仏像
チーズケーキ、スープカレー
沖縄、ひとり旅

最新記事

カテゴリ

未分類 (21)
ふんどし (33)
手作り (79)
アート (40)
日常 (64)
看護師の仕事 (126)
外仕事 (37)
音セラピー (25)
思うこと (234)
本 (3)
健康 (24)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

QRコード

QR

検索フォーム