FC2ブログ
topimage

2018-01

精神科、怖くないんですか? - 2018.01.31 Wed

「怖くはありません」と、
簡単には言えません。

興奮して、分別がつかず、
大声を出したり、
物を投げたり、
他者に暴力を振う方は、います。

ご本人、周りの患者さん、
職員、それぞれが傷付かないよう、
体制ができています。
 
けれども、そういう方は、
病状、一時的なもの。
治療で落ち着いていきます。

私は、対応に困ったことは何度もあります。
けれども、‘怖い’、
   危険を感じたことは、ありません。
スポンサーサイト



統合失調症って、知ってる? - 2018.01.30 Tue

松本ハウスを知っていますか。

メンバーのハウス加賀谷さんが、
統合失調症をカミングアウトし、
啓蒙活動をされています。


看護学校の実習で、精神病院にも行きます。
教科書で学んだ段階では、
変った人たちという印象でした。

入院患者さんに最も多いのは、
「統合失調症」
以前は、「精神分裂病」と言いました。
幻覚、妄想、独りごと
病気ではない者にとっては、
びっくりします。

けれども、
同じ病名でも、
みんなが幻覚妄想の症状がある訳ではありません。
キャッチボールになる会話を交わせる人も、います。
ある単語がスイッチになり、
妄想がかった会話に変る方もいます。

実習で、想像よりも、
怖くないし、変でもなく、
優しい方が沢山おられたのでした。。

はやすぎて、歌えないじゃん - 2018.01.29 Mon

介護施設や精神科の歌の活動を見ていて、
何だかモヤモヤ、気になった。

伴奏の音が大きくて、
参加の声が、消えている。
1曲終わると、次へ。
歌詞をめくれない、探さないうちに、
伴奏が始まっている。

伴奏者、周りの職員、見ていますか?

それがどうも嫌で、
参加者を見ながら(観察)しながら、進行する。
1、2曲をじっくり歌うようにする。

1、2曲では、歌詞が1~2枚。
探すことも、出遅れることもないのだ。

いただく - 2018.01.28 Sun

KIMG0779_3_20180127192721.jpg

駐車場代を地主さん宅に、届ける。
毎月、手渡し
お菓子やりんごを持たせて頂いてきた。
今回は、パイの実。

私は、このように、
ちょっとしたものを頂く。
また、お店でおまけを頂いたり、
勉強して(値引き)頂くことがある。

利害関係は、ないよ
くださるのだ、ありがたく頂く

○○素敵ですね - 2018.01.27 Sat

身に付けているもの
持ちもの
「素敵ですね」と言われて、
びっくりするかもしれないけれど、
嫌な感じはしないよね。

今日は、受診。
看護師さんが、採血をしながら、
体調などをインタビューする。
淡々と必要事項だけ聴く人
ちょっとした話題を交える人

病院って、緊張する人多いでしょ
私も、患者の時は毎回、ドキドキ。

今日は、父の作ったバック、
頂いたキーホルダをほめてくださった。

私も、そんなひと声を大切にしていくのだ\(^o^)/

合奏できない、音楽療法♪ - 2018.01.26 Fri

シンギングボウルとねずみ

今日は、合奏に同席する。
「音楽できるじゃないですか」と、担当になったが…

音符の種類、〇拍がわからない
記号がわからない
何小節めか、どこの段か、迷子になる

合奏は、メロディーのある楽器しかできない。
途中から演奏になったら、無理!お手上げだ。
正直、苦手だった。

それでも、歌える。
そして、仕事で、音楽療法を10うん年も担当しているのよ

わからない、できない人側に立って、
プログラムを作るもん

言ってみた❗ - 2018.01.25 Thu

逃げましょう
責任者不在の中のできごと。

今朝、
責任者が揃ったので、
何でよそのものが口出すのかと、投げかけた。

内部で決めること。
言ってきたモノには、責任者側から直接話すと。

他の人も、意見を言い始め、
ほっとした。
出しゃばりがどうなったかは、知らない。

言わなけれは、そのまま。
我慢することで、「あの人ばかり」と、
関係がぎくしゃくすることもあるだろう。
私は、賭けだった。
自分の立場が、悪くなり、
居にくくなることもある。

そういうところに、いなくてもいいよ。
他の所を探せばいい。

宿題への返事、ハヤ\(◎o◎)/! - 2018.01.24 Wed

かさこ塾2日目
「やらなくてもいい」という宿題。
提出すると、塾長からの返事が返ってくる。
完成させる前に、質問もできる。
その返事が早い
そして、シンプルでわかり易い

量が多かろうが、
頭を悩まそうが、
取り組まないのは、もったいない
かさこ塾

逃げていい、逃げましょう - 2018.01.23 Tue

自分の考え、やり方を強要するモノがいる
当然のように、偉そうに言う。
有無を言わせない、強い口調でまくしたてる。

ぽか~ん

疑問を持っても、言えないよね。
何を言われるか、されるかわからないし…
保身の為に我慢する。

こういうモノは、変えられない。
職場、組織は、お手上げ
          見ぬふりをする
          大人が我慢すればいいになる

個人のエゴからは、逃げましょう!
私の心身を守るために
聞かなくていい
従わなくていい

孤立するかもしれないけれど

仕事は、キチンとこなす。
やることは、やる。
わかっている人はいる
見ている人はいる

本音と建て前について - 2018.01.23 Tue

看護学校に受験する前、
看護学生の長期休暇に、
スナックでアルバイトをしたことがある。
どちらも、紹介です。

私は、下戸。ボトルを入れることも、
お客さんのボトルから飲むこともできないので、
店の売り上げには、貢献できなかったと思う。

歌が歌える
デュエットのお付き合いができること。
医療機関に勤めている、
看護学生と、
夜のお店にいる女の子と雰囲気が違うのが、
受けた様子。

「性には、合わない」と思いながら、
時給の良さで、ガマン。

真面目、正直、擦れていないと言われる。
‘本音と建て前’の建前や駆け引きができない。
ママやNo.1ホステスの書いた本が売れた時期があったな…
他人事のようだった。

私は、看護師。
何でも口に出すのは、職業以前に、失礼だろう。
けれども、思ってもいないことは言わない。
ありのまま、わかり易く言葉にしてお伝えする。
精神医療に長く身を置いて思う。
ストレートなコミュニケーションが交わされる。
お蔭で、世間知らずと言われる私も、
仕事以外の表面上の言葉は、
何となくわかるし、嫌悪を感じる。

今日、「好き」とメッセージをいただき、
やっぱりここが好きと、
ジワリとこみ上げてきた。
利用者さんからの愛情は、男女以上の愛だもの♪

自業自得だけれど - 2018.01.21 Sun

親戚が入院し、
積極的な治療のできる状態ではないと、
父より連絡が入る。
携帯電話の着信は、未登録だった親戚からだった。

昨日は、休日。
混雑を避け、終了時間近い夜、
面会に行った。
痛みや苦しさはあるものの、
ベットに腰掛け、会話もできる。
心疾患、がん治療を経ても、
喫煙を続けてきた。
愛する孫との約束、
良くないものとわかっていても、止めなかった。
「自業自得だ」と、弱々しい声で言った。

会う度思っていたし、
父とも、「何で止めないのだろう」と、
話題になることもあった。
けれども、本人がわかっていても、
そうできないことを他人がとやかくは言えない。
本人の体であり、
かわりはできない。

早くに配偶者を亡くし、子供を育て上げた。
大病をしながらも、生活の為に働き続けてきた。
孫の成長を楽しみに、遠方の孫の元へ足を運んできた。
この先のことは、わからない。
ただ、心身ともに穏やかに過ごせることを祈る。

また、会いに行きます

体にも自然にもやさしいもの - 2018.01.20 Sat



おさかなのボトル、「かわいい
柔軟剤不要、ウールやシルクなどデリケートな繊維も洗える
毎日の洗濯を考えると、
お高いかもしれない。
けれど、すすぎが一回で済む、
水の使用が減る。
柔軟剤がなくても着られることで、
私は、選んだ。

皮膚病はないけれど、
香料や添加物などケミカルなものには、反応が出る。
かゆみ、湿疹…
皮膚科にかかるほど深刻なものではなかったので、
日常生活で、避ける、合うものを探す。

アトピーというもの、
たぶん子供の頃にはなかったような。
身近にいなかっただけだろうか?
「自然環境に配慮して」
そのような高尚な考えは、後から。

体にやさしいものは、
自然、地球にもやさしい。

詰め替え用もある

音楽を仕事は、容易くない… - 2018.01.19 Fri



『‘音を楽しむ’で使って』と、
利用者さんが、
お母さんの遺品を提供くださった。
梅花講、御詠歌の道具だ。

カラオケの活動は、いや
人前で歌うのいや
それでも、
打楽器に触れて、少し歌う。
このプログラムは、
「楽しい」「リラックスできた」
今度はいつ?と、
楽しみにしてくださる声もある。
ありがたいことだ

音楽療法士の資格を取っても、
それだけで生計はたたない。
吹奏楽の有名な学校、
楽器一筋に頑張ってきたが、
プロでやっていけるのは、
ほんの数人。

ここ数日、続けて耳にした。

私は、
合唱団のひとり
習い事のひとりの生徒
英才教育、
その道一筋ではないけれど、
看護師の資格のお陰で、
プログラムを担当することができた。
そして、
外部講師の話を頂けるようになった。

わからないものだ

好きが仕事になり、
日々の業務での活動は、
場数を踏ませいただいている。

かさこ塾掛川1期 - 2018.01.18 Thu

かさこじゅく

かさこ塾掛川1期の1日目。
会場に到着!
案内のゆるさに、笑ってしまった。
かさこ塾長にお会いするのは、
ブログ講座でお世話になり、2度目。

ブログ講座の後、
賞与のお陰で、入塾することができた。

かさこ塾は、
今どきの講座にはない程、
安いと思う。
ただ、パートの私には、安くはない。
三島の時、まだ、返すものがあって、
見送ったなぁ…

そして、毎週、平日の午後に参加できるって、
自営業や主婦、自由人ではないか?

私は、ちょうど定休日だったの♪

タイミングだよ。そう思うことにする。

‘好きなことを見つけるワークシート’は、
自分でもわかっていたこと、
時間やお金がないなどで実行していないことがでてくる。
そして、気づいていなかったことも書き出した我が身に、
驚いている。

塾生は、既に活動している人が多く、
正直、エライとこに来てしまったと思った。
私、勤め人でしかも、パートだしな…。
出た!!!何にもないない私病。
人生諦めたくないから、
入塾をしたのだ。

仕事上と、
ごく親しい人としか話せないのに、
好きなこととなると☆彡しゃべれるものだ。
気づき♪
来週も、楽しみだ…

MECで実感したこと - 2018.01.17 Wed

先週の今日、大腸の内視鏡検査を受けた。
検査を受ける3日前より、
消化の良くない食品を避けるよう、
説明書に書かれていた。

海藻類、きのこ類、ナッツ類、繊維質の多い野菜…

前日は、消化の良い食品を。
おかゆ、うどん、やわらかく煮た野菜…

私は、主食を摂らないので、
卵、肉、ベーコンやウインナーを中心に、
葉物野菜を食べていた。

前の晩の下剤、当日の1.8Lの下剤をかけ、
お腹はきれいになり、
残りのこびりつきはなかったと。

肉は、消化しにくい
そんなことはないことが、身をもってわかった。


仕事で、栄養療法の講習を受けて以来、
ご飯の主食を止めた。
パンや麺の小麦製品は、付き合いや間食程度。
栄養療法を臨床で取り入れているDrは、
主食を止めている。
私は、一回にたくさん食べることができないので、
主食をなくせば、おかずを苦しい思いをすることなく、
食べられる。
糖尿病ではないので、厳しい制限は続かないだろう。
そして、MECならば制限はないと、
2014年頃から、取り入れ始めた。
主食を止めた分、肉、チーズを意識して摂る。

甲状腺疾患があるので、
体験者のような、
「元気ハツラツ!」までは行けていないけれど、
慢性的な貧血は、治りました♪

 - 2018.01.17 Wed



今日は、‘音を楽しむ’
音楽プログラムを担当。

木魚、巨大豆のマラカスは、
植物。
トライアングル、鈴は、
金属製。

金属、高音は、
「なんだか嫌な音」。
幻聴がそういう音で、
「うるさく聞こえる」と、
発言があった。

音で、心身をゆるめる目的も、
嫌な、苦痛な音では、
良くない。

精神科疾患と、ひとくくりはできないけれど…
過敏、不安定な時期は、
日常の些細な音も苦痛になる。
そして、
低音、植物性の響きは、
安心や心地よさを感じると。

利用者さらの声、大切。
学びになり、
今後のプログラムづくりに活かすことができる。

ヨガが好きらしい - 2018.01.15 Mon

(精神科)デイケアで、ヨガを取り入れている。
高齢化に伴い、床にマットで、
座り姿勢は、困難になっている。
椅子でもできる。

今日も、椅子で実施。
統合失調症は、認知機能に障害がある。
模倣ができない、
集中ができない…。
個人差はあるけれど…

私のヨガは、
ゆっくりで、
誰にでもできそうな動き。
途中退室は、
普段の活動に比べて、少ない。
帰りの会でも、
感想が聞かれ、
評判が好い様子。

利用者さんたちにも、
ヨガは、受け入れられている。
良さがわかるのだね。

しょうがジャムを作った - 2018.01.14 Sun

2週間冷蔵庫保存可
摂取は、1日小さじ1~2

古根しょうが約90~100g
はちみつ約100cc(又は、黒糖100g+水大さじ1)
レモン輪切り3枚
レモン汁小さじ2

しょうが皮付きのままをキッチンペーパーに包み、レンジで2~3分。
粗めのおろし金でおろす。
残りは、包丁で刻む。
レモンの輪切りを6等分にし、18枚にする。
鍋に、しょうが、半量のはちみつ、レモンの切ったものを入れる。
中火で2~3分火にかける。
あくを取り除く。
レモン汁小さじ2を加える。
粗熱をとり、ビンに詰め、冷蔵庫へ。

本で読んだレシピでは、無駄が出てしまうので、
使い切れるように計算し直す。
レンジは使いたくないので、
鍋で蒸しました。
検索では30分とありましたが、
しょうがの様子をみながら、
20分の過熱と余熱で。
はちみつは、もったいない…
我が家にある、てん菜糖を使用。
レモンは、レモン汁を増量し、
実は使用せず。
種や白ワタがないので、とろみはつきにくいかもしれない。

木べらに付いたものが勿体ないので、
粉末緑茶に入れてみた。
「しょうがだ!」といった主張は感じない。
冷たかった手が、ぽかぽかしてきた。
そして、しばらく持続する。
さすが、しょうがパワー

コーヒー、紅茶も、美味しかったです。
レシピには、
コーヒー、紅茶、緑茶、ココア、ホットミルクに…と。
いろいろ使えるね♪

試みる - 2018.01.12 Fri

KIMG0727_2.jpg

初詣の外出で、
久能山東照宮へ。

今回は、
健脚、有料でも可能
お金をかけたくない、加齢や歩行困難などであまり歩かなくてもいい
2つのグループに分かれる。
ここでは、初の試み

看護師は、
介助の要する人、緊急時の対応に引率する。
全員参加の大移動では、
手を必要とする人の側に付くため、
健康度の高い人たちとは関わりが少なくなる。
利用者さん側は、手を必要とする人をわかっているので、
遠慮したり、その人たちのペースに合わせる配慮をして下さる。
同じ利用者さんなのに…、
いつも引っかかっていた。

東照宮への参加者は、
元気のある人たちの少人数となった。
歩行のペースは個人差あれど、
介助や心配は無用。
和気あいあいと、おしゃべりを楽しみながら、
ひたすら歩いた。

ここでは、初の試みだったけれど、
以前所属をした職場では、
小グループに分かれて行動することは、自然だった。

新しいことを提案は、通らないこともある。
けれども、利用者さんにとって好いことは、
試してみたいと思うのだ。
有資格者ゆへ、今までになくとも、
責任を持って発言しているのだ。

利用者さんの好い顔、「よかった。またやりたい」の声が、
何よりの結果ではないか…

看護師講座より - 2018.01.11 Thu

看護師講座

同じ服を何日も着ている
年が明けてから、入浴をしていない
耳垢
髪の毛が皮脂で、べたべた
悪臭

精神医療に携わり、
直面する、衛生面。

入浴、着替えをしなくても、困らない
臭い、かゆみなど、
自覚するなら、困るであろう。

症状の重さにより、
入浴するまでの体力がない、
そこまで気が回らないと言う人もある。

面倒と、どうしていいかわからないとでは、
お手伝いの方法が変ってくる。

面倒は、自分の勝手。
一緒に過ごす他人に影響が及ぶことをお伝えすると、
気付かなかった、思いもしなかったという声が上がった。

疲れてできないのであれば、
工夫やヘルプサービスの利用もあることをお伝えできる。

清潔の大切さのテーマから、
布団を干さない
シーツを洗ったことがない
風呂掃除をしない
普段のご利用の時には知りえない、
問題点が見えてくるものです。





命が終わる前には… - 2018.01.10 Wed

昨日まで、さっきまで、何ともなかったのに…
と、この世を離れる、大往生の話を聞いたことがある。

聞いたことがある
我が家には、いない。
30~40歳代の若い年頃で、
長期入院加療の末に亡くなっている人もある。

検査や治療は、楽なものではない。
痛みや苦しみ、苦痛を伴うものは多い。
治る、改善と、明るい未来が待っているならば、
耐えられるかもしれない。
悪化、死に向かう病では、どうだろう。

看護師になる前、「患者さんの力、支えになりたい」と思う。
いざ、看護師になり、
目の前の患者さんたちの痛み、苦しみに、
何も出来ないことを痛感する。
体も病気も、その方のもの。
看護はできても、変わることや痛み苦しみは、
わかることができないのだ。

病名を告げられる
治療の状況
予後
精神的にも、大変なものである。

命終えるまで、どれだけ、
身体的精神的な苦痛を経験するのだろう。
死に対する不安よりも、ここ。
気にしても仕方がないけれど…

治療に真摯に向き会う方々をただただ、
尊敬します。

なつかしい - 2018.01.08 Mon

シルクのスカーフ
写真は、10~30歳代に集めた、スカーフたち
ほとんど、‘シルク’
今日、ようやくさようならをする(T_T)/~~~

長女なのに…
段ボールでやって来る、
くしゃくしゃ、時代遅れ、臭う‘お古’は、
悲しい、屈辱。
学校でも、笑われる…(><)

高校生の頃、DCブランドが流行りました。
デザイナーズブランド←死語でしょうか
洋服がぶしょったい(静岡弁)、おしゃれではないと、
‘貧乏’に見えると思っていた。

上京して、田舎者に見えないよう、
‘赤いカード’で服を買ったなぁ…。
利息のことなど、考えず。

しょっちゅう買えるものではないので、
手作り、既製品に手を加えるなどして、
おしゃれに頑張っていたなぁ…
そして、小物で工夫をしていた。

ファストファッションが、ファッション雑誌に載る時代。
年齢的にも、もう人の目など気にしなくなった。
ボトムスは窮屈になり、
サイズを変えるるため、買い替え。
トップスは、写真を見て驚くほど、
何年も着ている。

おしゃれを止めたわけではない。
見た目、見栄ではなく、
着心地がよく、お手入れもできる・しやすいに、
変っていった。

葉っぱのショールは、二十歳前後に買ったもの。
今も活用している♪
「これからも、よろしくね」

大判ショール

受診の前に - 2018.01.07 Sun

鍼灸

給料が減る月も、
‘鍼灸’の治療費は、確保する。
介護にいた時は、医療よりも給料は安かったのに、
毎週お世話になったなぁ…(^_^;)
欠勤することを考えたら、マシ。

体質、治療の範疇ではない
鍼灸など、東洋医学・治療に、
両親がお世話になっていた。

小学生の頃、マット運動で失敗をし、
背中を殴打した。
「息ができない」
連れて行かれたのは、病院ではなく、
‘按摩・マッサージ’。
長屋の普通の家、布団に\(◎o◎)/!
そして、普通のおばちゃんだった。
腕は確かで、あっという間に治った
もっと\(◎o◎)/!

医療者になった現在も、
市販薬、病院より、
先ずは鍼灸へ。

よく胃痙攣で食べられなくなる。
疲労、風邪のひき始め、
ぎっくり背中や肋骨を殴打した時も、
治療の予約とタイミングが合ってきた。
内科、整形外科に受診することはなく、
済んできている。

「鍼灸は、万能ではないのよ」
先生は、そうおっしゃる。
そういうところが、信頼できるのだと思う。
いつもありがとうございます



あきらめられないこと - 2018.01.05 Fri

勤労青年対象の‘リーズナブル’な集団レッスンに通う。
ついていけない、ギターの構造が理解できない、
上達しない…。
コンサートの準備が忙しくなり、
年会費を納入したのも惜しくない位、
行くのがイヤ!苦痛になり、止めた。
「根性なしだ」
ギターを弾く女の人
アカペラでも、歌は歌える。
諦めは悪く、弾けるようになりたい思いは、消えていない。
弾き語りしたい
ギター弾ける人を尊敬する…
私がしたくても、できないから。

ボロアパート
どこで練習をするのよ…
生まれ育った家も、現在の住まいも、
話し声、いびきも聞こえる(^_^;)
楽器の練習など、とても無理。
「どこでするのよ~」
川の土手、公園は、
危険がいっぱい。
物騒な時代だわよ…

防音マンション
ボロアパートは、
外の音、隣家の音も聞こえる。

今年の目標ではない
何年かかってでも、
防音の家に住む
ギターを弾いて歌える私になる


覚書

ものづくりが好きでよかった♪ - 2018.01.04 Thu

かご
父作のかご

父は、元大工で手先が器用。
早くに母(祖母)を亡くし、
中学卒業後見習いに入ったお蔭で、
家事ができる。
母が何でもできたので、
何もしなかったけれど…。
母が療養するようになり、
家事も、母のお世話もひとりでこなしてきた。

苦労も、今は思い出ばなし
「役に立つものだなぁ…」と父は言う。

脳出血をし、高次脳機能障害の治療中。
入院もしたし、母をかなり困らせた時期もある。
「母さん大好き」な父。
亡くしたあと、精気がなくなり、
どうなるだろうかと案じた期間が続いた。

四十九日を過ぎ、
少しずつ生活リズムを取り戻し始めた。
弁当や出来合いのものを好まない…ことは幸い。
家事をこなし、
家の中で、気になったものを工夫し、
裁縫やDIYをして過ごしている。
「いくらでもやることがある」という。
TVの番人でなくて、ホッとしている。

もの作りが好き、苦にならない。
家の中で、手が動けばできること。
気が付く、「作ってしまおう!」、買い出しに行く。
外出し、人と触れ合う。

娘たちは、安心して離れて暮らせている。


諦めたくは、ない - 2018.01.03 Wed

看護師になり、心身の消耗を痛感する。
8時間+早出や残業…。日勤は、本当に辛かった。
夜勤明けでも遊びに行く、
休暇をアクティブに過ごした話しは、他人事。
休養しなければ、次の勤務で動けくことができない。
看護の仕事、患者さんが好きなのに、
体がもたないって…情けない
大きな病院、変則勤務は、石の上にも3年でさようなら(^_^)/~

働き方を変えながら、看護師の資格で働いている。
精神科の社会復帰部とは、長い付き合いになった。
‘次’ができるまでは、続けるのだろうな。
看護師として、究めたいとは、思えない。

病院、所属課、部門。
守られているという考え方もあれば、
意見が通らない、やりたいことができない等、窮屈感もある。

起業、資質発見、自分しごと…
興味を持つようになったのは、
自由に、のびのびやってみたいからだろうな


責任は、自分にかかってくる。
それでも、今の仕事で、
「パートだから、施設基準の登録者じゃないから…」と、
外される、やらせてもらえないことの方が辛いもの。

そして、一日8時間×週5日=40時間が当たり前だと思ってきたけれど、
私には、体力的に無理
資質を活かせている人は、
短時間で高収入に結びついていることを知った。

講師の仕事は、資格や経験を認めてくださり、
看護師の時給の倍以上頂いている。
こちらの方を活かし、
後半の人生をのびのび生きていきたい。
そう、できない自分であきらめたくは、ないのだ!

自分の面倒をみる方法 - 2018.01.02 Tue

手紙

生きていると、色々ある。
直ぐに済むこともあれば、そうも行かないこともある。
誰もが経験するだろう話ならば、
友人知人に、聴いてもらい、
意見を聴くことも出来るだろう。

「言わなければよかった」
気まずい、その後の関係が微妙になることもある。
他人を受け止める余裕のない時も、
あるだろう。

飲まないので、飲んで解消はできない
あまり食べないので、食で紛らわすことはできない
気が小さいので、散財やギャンブルをする気にはなれない
甘えられないので、異性にも走らない
↑逃避なだけで、解決にはならないけれど

私は、どうしてきただろう。
専門機関に相談をする
同士のサイトに登録をしたり、書き込んだ
HNで登録のブログに、書いた
電話やメールでは重いし、相手の反応も怖いので、手紙を書いた
‘書く’ことは、
苦にならない。むしろ、好き♡
家に籠り、ひとりでできること
気力も体力もない、他人に会いたくない…
それでも、できること。

ひとり作業のようで、受け手という存在がある。
ひとりではないのよ。孤独、ぼっちではないのよ

書くことがあって、好かったよ。わたし
紙とペンがあればいい
PCがあれば、上等!
逃避ではないのよ。
健康にも、経済的にも、影響はないもの♪

通常 - 2018.01.01 Mon



大晦日、
ラジオで‘紅白’を聴きながら、
編み物をしていた。

お蕎麦も、豪華な食事の用意もない。
粉ものが主食なみの量になると、
関節炎になる。
お餅やおせちも、
私の体には、酷だとわかった。

年末年始も、変わらない。
‘ひとり’だから、できること。
実家で暮らした時も、
手伝いもせず、
ひとり勝手に過ごしていたな。

何も言わない、
強要しなかった両親に感謝だ。

作りたいものが沢山あり、
「寂しい」と、
ひとりを実感する隙はないのだ♪

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

お問い合わせ【メール】




プロフィール

みみ

Author:みみ
看護師
(内、精神科看護14年)
音楽療法16年
講師5年

9歳より、合唱を始める
パートは、ソプラノ
高校卒業と同時に、合唱は終了。
20代後半、歌のレッスンを再開。
音楽集団にて、コンサートに参加。
現在、
【音セラピー】で活動中。

子供の頃より、手芸好き
休職中、布小物の製作、
委託販売開始
現在、もっこふんどしを
製作、販売中

幼少期より、
親族の病気療養を経験
自身も虚弱、慢性疾患の治療を継続。
諦めることの多い中、
出会い、ナースの経験が重なり
仕事、実生活に役立っている

1969年 水瓶座 
静岡県静岡市清水区生まれ
好き:
角松敏生、フュージョン
Miffy、うさぎ
寺社、仏像
チーズケーキ、スープカレー
沖縄、ひとり旅

最新記事

カテゴリ

未分類 (21)
ふんどし (33)
手作り (79)
アート (40)
日常 (64)
看護師の仕事 (126)
外仕事 (37)
音セラピー (25)
思うこと (234)
本 (3)
健康 (24)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

QRコード

QR

検索フォーム