FC2ブログ
topimage

2015-07

旦那に - 2015.07.25 Sat

シーソーする子

4日も休みで、給料明細見たくないくらい、痛い。
この休みの間、せっせと作り、
お届けに伺い、1日分の日当を超えました。
(頭で計算しちゃ、ダメですよ~)
今月も、もっこFundoshiをいっぱいお求め頂き、
ありがたいことです。

「男性物は作らないのですか」
「旦那にはかせたいよね」
そういう声があるようです。

実際に、旦那さんは、
はきたいのでしょうか?

確かに、女性、男性、子供用と、
商品揃えていますね。

「試作してみる」と、お応えしました。

家には、男性いないし、
実家の父は、同じメーカーの同じ下着しか着けないので、
在庫を持ちたくはないな…
で、本当にニーズがあるのだろうか?

材料費も女性用よりもかかるので、
なんだか、スパ~っと取り掛れないでいます。

猛暑ですしね
しばらく、
裁縫には厳しい季節でございまする。




スポンサーサイト



助かります - 2015.07.22 Wed


がいっぱいあるから、取りにおいで」
「これね、どうぞ」

お野菜を頂く
ひとりでも、
料理をするので、
とても助かります。

お裾分け
愛ですね

大切な時間だから… - 2015.07.18 Sat

ハートのうさぎ

私が、セッションやワークショップを選ぶときには、
担当者の生き様をみる。
どんな学校出て、どんな先生に学んだ、
資格や実績…
そういう方とは、たぶんきっと合わない。
「あなたには、わからないと思う」から。

お世話になった方は、
機能不全家庭で育ったり、
中学、高校も行っていない「ヤサグレていた」り。
そこから、自分の人生を築き上げてきた人たち。
「俺もな」「私もね~」
上からではなく、同じ目線で、
時に自身の‘トホホ’な話もして下さる。
クライアントから、受講生、仲間となっていく人も多い。


どこどこ大、院卒、難しい試験で取る資格。
学歴がなくても、民間資格で、
リピートさせないよう結果を出す人もいっぱいいる。


受けた教育も、資格も違うので、「関係ないだろう」と言われるだろうが…
いつまでここに通うのだろう?
良くなっているのだろうか?
かえって、依存や混乱を招いているのではないか?
感じることがある。


医療も福祉も、教育も、
障がいや疾患を持ちながらも、
ここだけ、ここ止まりではいけないと思いながら、
私は関わっているつもり。
人生の大切な時間だからね。
私だって、いつまでも関われるわけではないから。
例えば、外来も、グループも、
毎回、一期一会と思いながら取り組んでいるのだよ。
オモシロイかんごふさんでも、
真剣にやっているだよ。





患者さんのお陰げで… - 2015.07.16 Thu


看護学生さんの採血を。
「わぁ、大先輩ですね。私、頑張ります」と。

グループ内では、
「80歳まで、ここにいて。で、鐘鳴らしていて」と。


何度も辞めたい、
実際休んでいた期間もある。

それでも、やっぱり‘かんごふさん’しているのは、
患者様に愛され、
支えられてきたからだ。
(生活もあるけれど(^_^;))


上司や先輩、スタッフ間で、辛いこと、
不信だらけになっても、
患者様の「ありがとう」に救われてきたのだ。

職場の人間関係は、離れてしまえば終わる。
お友達じゃないし。
公私混同、煩わしいし。


患者様とは、仕事上で、
深入りもしないけれど、
どこかで繋がっていたりする。

患者様は、優しいし、ズルくないからだろうな。

きらきら - 2015.07.15 Wed



月に1度、外部講師でおみえになる、
中野先生の新刊。
プログラムを行う部屋に直行されるため、
なかなかお目にはかかれないけれど。
「いつもキラキラされていますね。いいな」
月曜日の朝から、ぐったりしていた私は、
先生にそうお伝えしたことがある。

この本の中に、
ご友人からそう伝えられたことが書かれていた。
私だけではない、
やはり、先生はキラキラが溢れているのを感じる人がいるのだ。

幸せになる、義務があるとも書かれていて、
びっくりした。
権利ではない、義務なのだ。

本の内容は、先生自身の体験からの学び、
クライアントさん、生徒さんの例が紹介されている。
ドラマセラピーって、どういうもの?
体験版というのか、
短時間の単発ののものを受けさせて頂いたことがある。
本を読んでいると、先生の声も聞こえてくるようで、
シーンが浮かんでくるようだ。


「よく頑張ってきたね」「よくやっているよ」
そう色々な方が、声をかけて下さる。
有難いし、とても励みになっている。

もう頑張れない。がんばらなくてもいい、生き方がしたい。
キラキラしたい☆彡
キラキラした人は、ぐったりなんてしていない。
髪を振り乱し、何かに追われたりもしない。
納得のいかないことには毅然とした態度で臨むだろう。


ドンヨリとしている今の私は、間逆なくらい情けない日常。

諦めないよん♪




好評 - 2015.07.14 Tue


リラクゼーションの始めと終わりの合図に、
‘ティンシャ’を使い始めた。
集合時間前後に、
利用者様が集まってくる。
おしゃべりに花が咲いて、
大笑い。
「これで、すっかりリラックスできたね」
安心できる仲間の関係が出来始め、
こう言えるようになってきたのだろう。

ここだから出来る、深いリラックスを体感して欲しい。
また、プログラムに入る前に、
高揚した気持ちのリセットに、
静かな音楽に包まれる。


高音であるが、
澄んだ響きに、
「キレイ。癒される」と、
好評である。


法具、色々な意味を持つものであるが…
見たこともない音の鳴るものが「何か好いよね」それで好いと思う。


鳴らす私も、ワクワクしながら、
リラックスに入るのだ。

もっと、色々な場面で活用するぞ!

たいせつなこと - 2015.07.12 Sun

休日に、仕事の話は止めようと思う。
関係ないことをして過ごすのだが、
ふと、浮かんでくるのだ。
ここに書いてさ、消化しよう。
かんごふさんに感謝

初診の時、歩くこと、座って待つことさえ困難なくらい、
体調の悪い方だった。
小さなソファしかないけれど、
珍しくひと部屋空いていたので、
私が支えながらお連れした。
若い男性で、付き添いのご家族もある中、
恥ずかしかっただろうな。
「調子の悪い時ですし、看護師ですから、
気になさらないで下さい」とは、お伝えしたけれど。

先日の診察で、見違えるような姿に。
「あの時は本当に良くして頂いて。この子もよく覚えていますよ」
お母様も、ご本人も照れながら声をかけて下さいました。

座る椅子がない、横たわる静かなスペースがない

今まで、どうしてきたのだろう?
他の職種の人は、気にもしないのだろう。
「いちいち、人に合わせていられませんから…」
高齢の方への配慮の必要性を振ったら、
これだもの。
情けないし、緊急の時に、協力は得られない。
平気で、昼食べているし。

待合室や検査で、患者様の身体情報、、
こころの叫びをみせて頂いても、
私止まり。
チーム医療じゃないから。

先端を目指しても、一番大切なひとを大切にできなくて、
何がじゃと、私は思うのだ。

もうね、エゴだらけの中、酸欠になりそう。
かんごふさんもね、もういいと思っている。
Fundoshi屋さんは、こんなこと気にしなくて済むから。

お手入れ - 2015.07.11 Sat

昨日も晴れたけれど…
今日も、晴れた!!!
洗濯機を何回回しただろう。

きもの 画像

ず~っと手入れしなかった、
袷のポリと木綿の着物を洗った。

普段着きもの派の私には、
洗えるものが好い。

オークションやボロ市で、
良い正絹の着物にうん百円、数千円で出合えても、
自宅では洗えない。
古いかろうが安かろうが、
悉皆に出す金額は変わらないのだ。

ふだん着きものでも、
シーズンの終わりのお手入れは大切と、
どなたも書かれている。

私、着付けは訓練で何とかなるけれど、
その後のお手入れ代も、
きものライフのネックだろうな…と思う。
私がそうだもの。

お手入れや現在着る機会がない現実を思うと、
着物の数を増やすのは、STOPするのだ。
木綿なら、洗える。
何かのご褒美に誂えたいと思う。
欲しい木綿、幾つかあるんだな~。


さて、安心して託せる、お値段手頃の悉皆屋さんを探さねば。
お気に入りの大島紬の袷を綺麗にしてあげたいのだ。

ドバドバ - 2015.07.10 Fri


カレーを食べると、
セロトニンがドバドバ出るという。

身体に良い、美味しい、
継続出来そうなものは、
試したくなる。
週に何回、夕食に作ることだろう。


小麦粉、バターを使った、
日本の‘ルー’を使うものではありません。

シャビシャビのごった煮、カレー味。
私が作るのは、スープ・カレー。

辛くもなく、
後に胃もたれもなく、
飽きることなく、
作れています。

セロトニンは、腸内で90%近く作られると言われます。
脳内は、ほんの少しなのですね。


勤務のあった夜は、
ヨレヨレなので、
この味が、
身体に沁み入るようです。


鰹だし、鯵&鯖だし、醤油…、
やっぱり和風が好きだなぁ。


セロトニン、ドバドバだして、
休日をゆるりと楽しもう!

おみやげ - 2015.07.09 Thu




ドイツ語の新聞は、
「ホテルの客室に配られたら…」と、お願いしたもの。

缶入りの飴ちゃん
「手しごとの針を入れられると思って」
そう言って、買ってきて下さったもの。

こういう気持ちが、本当に嬉しい。

「ありがとうございます」


日本よりも暑く、
異常な暑さだったとのこと。
残ったもの同士、
連日、ず~っと雨天で 、
「お籠もりでしたか」と笑った。


相変わらずの、
バタバタな日常が始まったとさ。

私の休日 - 2015.07.08 Wed

あいみのり

水曜日に始まり、水曜日に終わり。
始まりにヨガ、今日もヨガだった。
ヨガがあるから、朝に起床。
後は、起きる用もないし、
雨だし、
目が覚めるまで起きることはなかった。
気兼ねすることなく寝ていられるのは、幸せなことよ♪

昨年の今頃も、連休だった。
蓄えがあったので、大阪に行ったのだ。
今回も検討してみたけれど、
蓄えも、今度の給料も
草臥れていたこともあり、早くに諦めた。
そうだ、お金の心配がなくても、
動きたくないから、
行かなかっただろうな。

玉葱

お裁縫をして、
行きたいところ、会いたい人のところに出かけていく。
静かで、ゆったりとした時間が心地よかったな~。
もっこも、売れたよ\(^o^)/
お野菜も頂いたよ\(^o^)/
ありがとうがいっぱいだ。
ゆとりある過ごし方だから、得られたものだよね。

明日から、人人人の空間で、
何十人と会話を交わすことになるだろう。!
「かんごふさん、忍者みたい」
ペースを戻すには、時間がかかるだろう。
祭りでないことを祈るばかりである

久しぶり~ - 2015.07.07 Tue

天然酵母

先日、コミュニティーFMを聴いていたら、
懐かしい声が。
一粒の麦
のオーナー、和ママさんがインタビューに応えていたのだ。
天然酵母、卵、牛乳、バターなど動物性を使わないパン作りは、
流行る前のベテランのお店だ。

休職中も、姓が変わって帰省した時、
すったもんだ期間中も、
人に会いたくない中、
ここには出掛けて行った。
「ただの主婦が、商売もわからないまま始めたの」
「女性の味方」
飾らない、お説教じみたことを言わない、
そんな人柄が安心できたのだろう。
何を話しても、受け止めてくれたのだ。

お店の営業日が変り、
私の休日となかなか合わなくなった。
今日は開いている。
数年ぶりに訪れてみた。
「久しぶり~、元気だった~」と、
喜んで下さった。
手作り味噌

そして、自家製のお味噌を
お裾分け頂きました。

お買い物以上に、温かい心遣いを頂いています。
ママさん、いつもありがとうございます。

清水銀座 - 2015.07.06 Mon

清水の銀座は、七夕祭り中
店が廃業すると、
新たな店は居酒屋系になっていることが多いように思う。
「飲み屋街になるのだろうか?」
飲まない、飲み会の苦手な私は、
雰囲気がそうなるのがちょっと嫌だな。

銀座も七夕も、活気がなくなったと言われる。
子供の頃の「銀座にお買いもの」は、
服装をきちんとして、立派なお出かけだった。
消えていくお店が多く、
さみしくなっているのは確か。
それでも、八百屋さんや乾物屋さん、文房具店、
大和屋に行く時には必ず寄る、
私にはなくてはならないお店があるのだ。

高校で静岡の街に行くようになり、
卒業とともに上京。
戻ってきて、いい歳になったからこそ、
清水のこじんまりとした商店の良さがわかるのだろう。
新しいお店が出店して、頑張っているところもある。
老舗も、工夫をして頑張っている。
大きな買い物はできないけれど、
利用することで、応援できるのだ。

わたしは、やっぱり‘清水っ子’だよ♪
七夕 まる子ちゃん
七夕 チュロス

私だって、屋台の物食べるのよ~
チュロスが大好き
「今年は、途中で折れないでお家に着きましたとさ」

ワークショップ、初日 - 2015.07.05 Sun

9名の同じ顔ぶれで、8回のワークに取り組む。
先生のファンで、既にワークを体験している人もあれば、
初参加で「何をするのだろう?」という人も。
参加の目的、個人のテーマは、様々だろう。
初めは緊張していたものの、
ワークが進んでいく中で、
信頼や安心感が生まれてくるようだ。
ここは、学ぶ、吸収といったINよりも、
本来の自分を引き出していくOUTするところ。

先生以外は、皆さん、初めまして。
知らない者同士の方が、先入観がなく、
気が楽なのかもしれない。
 
意見を言って下さい…は、無理。
表現するのは、平気。好きだからだろうな♪

どれくらい剥けるだろう。

薄っぺらな環境を去る、
何か方向性が見出せたらいいな。

オオカミ

…見えない - 2015.07.02 Thu

KC4F0037.jpg

出番のないメイク用品を処分。
大好きなネイルも、やはり出番がなく固まってしまい、
一斉処分をした。
採血で対面する患者様のネイル・アートがとても素敵で、
目が行くし、つい「素敵ですね。いいな」と声をかけている。

勤務のある時はできないけれど、
連休には、着けよう!と大好きなブルー系のネイルを探した。
実は、高校生の頃から、
私の爪は、水色や青のネイルだった。
今は色々な色が出ているけれど、
当時は珍しく、「おかしな子」と言われることもあったな。
好きなものは、
いくつになってもそんなに変わらないものだ。

看護学生の頃から、
「がんごふさんに見えない」とよく言われたものだ。
清楚、知的にには見えないな。
派手、個性的、不思議な雰囲気…

今は、気にならないし、
「ふふふ」褒め言葉と受け取っている。
見た目がかんごふさんらしくなくても、
やることは、やっているもの。
近寄りがたいよりも、好いではないか。



三十五枚 - 2015.07.01 Wed

新柄


「明日、見たいです」
先月10日、‘もっこふんどし’に出合ってくれた友人より。

あれ以来、完成させていなかったのだ。
「在庫分だけでもいい」とのことだったけれど、
選べるものが少ないのは、申し訳ない。
仕事から帰宅。早々に食事を済ませ、
あと少しの作品を完成させた。

友人は、あれからとても気に入って、
日中も身に着け、「快適」と絶賛してくれていた。
今日は、自分の分、関心を持って下さっている方へのプレゼントにと、
あれこれ迷いながら、選んでくれた。

今日で、三十五枚のもっこが、
私の手から巣立っていきました。

私は、友人少ないし、宣伝もしていないなぁ。
マルシェなどの出店も、生業と体調のバランスがとれなくて、
未だ叶わず。
友人がSNSや会う人に、感想を話してくれる。
こうして、地道に、じんわりと広がっていくのだな。
本当に、ありがたいことです


雨の日は、手しごとが捗るものです。
今日は、暑くもないので、
アイロンかけも楽です。
さ、今日も、楽しく作ります♪




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

お問い合わせ【メール】




プロフィール

みみ

Author:みみ
看護師
(内、精神科看護14年)
音楽療法16年
講師5年

9歳より、合唱を始める
パートは、ソプラノ
高校卒業と同時に、合唱は終了。
20代後半、歌のレッスンを再開。
音楽集団にて、コンサートに参加。
現在、
【音セラピー】で活動中。

子供の頃より、手芸好き
休職中、布小物の製作、
委託販売開始
現在、もっこふんどしを
製作、販売中

幼少期より、
親族の病気療養を経験
自身も虚弱、慢性疾患の治療を継続。
諦めることの多い中、
出会い、ナースの経験が重なり
仕事、実生活に役立っている

1969年 水瓶座 
静岡県静岡市清水区生まれ
好き:
角松敏生、フュージョン
Miffy、うさぎ
寺社、仏像
チーズケーキ、スープカレー
沖縄、ひとり旅

最新記事

カテゴリ

未分類 (21)
ふんどし (33)
手作り (79)
アート (40)
日常 (64)
看護師の仕事 (126)
外仕事 (37)
音セラピー (25)
思うこと (234)
本 (3)
健康 (24)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

QRコード

QR

検索フォーム